Kinoshita blog.

[税理士 木下 敦史]すべてのビジネスパーソンに
税務・会計を中心としたビジネス
についての役立つ情報をお届けします。
大阪・天満橋、木下税務会計事務所のオフィシャル・ブログです。
<< JTPAシリコンバレーツアー | main | シリーズ税務調査4・交際費等 >>
シリーズ税務調査3・棚卸資産
0
     【シリーズ税務調査】第3回目は棚卸資産です。
     調査項目としては|卸除外はないか、期末棚卸額の数量、評価に誤りはないか、I床疎察廃棄損の計上は妥当かといったところです。

    1.まず、期末棚卸の実施方法、状況を聴取し、棚卸の際の原始記録を確認する。

    2.期末前後の売上、仕入から期末数量の妥当性を検討する。

    3.特定商品の調査日現在の有高を実際に確認し、決算日から調査日現在までの売上、仕入の状況より期末棚卸高の妥当性を確認する。

    4.預け在庫が計上もれとなっていないか検討する。

    5.仕入単価から期末評価の妥当性を検討する。

    6.対策としては、ヾ末棚卸の際の原始記録は必ず保管しておき、その原始記録から、決算書の期末棚卸高をどのように計算、集計したかというプロセスが説明できるようにしておく、⇒盍首1か月位の売上状況より、棚卸に計上もれがないか確認する、M造浦澹砲計上もれとなっていないか確認する、っ渦舛了残蟶拠を明らかにしておく、セ兎の際の付随費用の額が棚卸商品の単価に反映されているかを検討する、γ卸商品について評価減をした場合には、その理由を説明できるようにしておくこと、廃棄損は、廃棄の時期を確認することが多いので、業者の証明書、日付入り写真等を残しておく、┣畴度分よりの在庫の廃棄損は、過年度分の棚卸表を保管しておく等きめ細かい対応が必要になります。

    7.否認事例、誤りやすい事例
    ヾ末棚卸の際の原始記録を詳細に検討したところ、期末棚卸高の集計に誤りがあった。
    調査日現在の倉庫の現物を確認したところ、調査対象事業年度に購入した商品が計上もれとなっていた。
    M入商品の期末棚卸単価に、輸入関税相当額を含めていなかった。
    ぐ取運賃、運送保険料、購入手数料が少額であるという理由で、棚卸資産の取得価額に含めていなかった。
    ヂ綢慇のある棚卸資産について個別法を適用していた。
    Γ嫁前に変更した棚卸資産の評価方法を今回また変更しようとしていた。
    物価変動、過剰生産、建値の変更等の理由により、棚卸資産の評価損を計上していた等など

     きめ細かい配慮が棚卸資産対策になります。

     

    | 税務調査 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ