Kinoshita blog.

[税理士 木下 敦史]すべてのビジネスパーソンに
税務・会計を中心としたビジネス
についての役立つ情報をお届けします。
大阪・天満橋、木下税務会計事務所のオフィシャル・ブログです。
<< 【うまい店】風来坊 | main | 長期所有土地等の1,000万円控除の特例にかかる留意点 >>
自動車課税について
0
    最近、エコカーを購入すれば税金もおとくになる、というニュースをテレビでよく見かけます。
    今回は、今までグリーン税制でも減税の対象とはなっておりませんでしたが、新たに減税の対象となった自動車重量税について紹介します。
     
    財務省の平成21年度税制改正 大綱には、以下のように、記載されています。

    参考までに、ご確認ください。

    平成21年4月1日から平成24年4月30日までの間に受ける新規・継続検査等(当該期間内に最初に受ける検査に限る。)の際に納付すべき自動車重量税について、次の措置を講ずる。

    1. 次に掲げる検査自動車に係る自動車重量税を免除する。
    1. 電気自動車
    2. 車両総重量が3.5t以下の天然ガス自動車であって平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないもの
    3. 車両総重量が3.5tを超える天然ガス自動車であって平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物の排出量が少ないもの
    4. プラグインハイブリッド自動車
    5. ハイブリッド自動車(車両総重量が3.5tを超えるバス・トラックを除く。)で平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ないものであって、平成22年度燃費基準値(ディーゼル自動車にあっては平成17年度燃費基準値)より25%以上燃費性能の良いもの
    6. ハイブリッド自動車(車両総重量が3.5tを超えるバス・トラックに限る。)で平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物又は粒子状物質の排出量が少ないものであって、平成27年度燃費基準を満たすもの
    7. 平成21年排出ガス規制に適合したディーゼル自動車(乗用車に限る。)


    2. 次に掲げる検査自動車(1に掲げるものを除く。)に係る自動車重量税の税率を75%軽減する。
    1. 平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない自動車で平成22年度燃費基準値(ディーゼル自動車にあっては平成17年度燃費基準値)より25%以上燃費性能の良いもの
    2. 車両総重量が3.5tを超えるディーゼル自動車のバス・トラック等であって平成21年排出ガス規制に適合し、かつ、平成27年度燃費基準を満たすもの


    3. 次に掲げる検査自動車(1及び2に掲げるものを除く。)に係る自動車重量税の税率を50%軽減する。
    1. 平成17年排出ガス基準値より75%以上窒素酸化物等の排出量が少ない自動車で平成22年度燃費基準値(ディーゼル自動車にあっては平成17年度燃費基準値)より15%以上燃費性能の良いもの
    2. 車両総重量が3.5tを超えるディーゼル自動車のバス・トラック等で平成17年排出ガス規制に適合し、かつ、平成17年排出ガス基準値より10%以上窒素酸化物又は粒子状物質の排出量が少ないものであって、平成27年度燃費基準を満たすもの

    | 税務・会計情報 | 09:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << June 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ