Kinoshita blog.

[税理士 木下 敦史]すべてのビジネスパーソンに
税務・会計を中心としたビジネス
についての役立つ情報をお届けします。
大阪・天満橋、木下税務会計事務所のオフィシャル・ブログです。
<< スティーブ・ジョブスによろしく | main | 「租税特別措置法の一部を改正する法律」が公布・施行 >>
【書評】危機の宰相(沢木耕太郎著)
0
    久しぶりのブログ投稿です。
    最近の本ではありませんが、沢木耕太郎氏の「危機の宰相」と言う本を読みました。

    沢木耕太郎氏といえば、最近の小学生の推薦図書にもなっている「深夜特急」が有名で、多くの方はこの作品と結びついてその名を知っているのではないかと思います(私は、産経新聞連載のころから愛読しておりました)。また「一瞬の夏」、「敗れざる者たち」などスポーツジャーナリストとして記憶されているかたも多いかもしれません。しかし私にとりましては「テロルの決算」(氏はこの著書で大宅賞を受賞しました。)に代表される骨太のルポルタージュライターとしての印象が大です。

    この本は、1960年代前半に首相を務めた「池田勇人」と主たる政策「所得倍増」について、その所得倍増計画が如何にして・池田勇人を中心とした、どのような人物によって出来上がっていったのかを追っていく作品です。
    内容は、池田勇人その人・宏池会を切り盛りした田村敏雄・経済学者の下村治の三人を、「出世レースにうまく乗れなかった“敗者”」として位置付けています。その後には、奇しくも「三人の敗者」が邂逅することで所得倍増計画が生まれ、それを掲げる池田総理が誕生する過程が描かれてゆきます。、官僚の安定志向によって生理的にも受け容れられなかった「所得倍増」をスローガンにした経済成長政策によって日本の高度経済成長が始まり、それが国民に浸透していく時代。「危機の宰相」は、氏の緻密な取材によって、当時の日本の姿をを描き出しています。

    内容の詳細はご一読ください。


     さて、なぜこの本を取り上げたのかという点についてふれてみたいと思います。私にとって沢木耕太郎ベスト1は先ほどもふれた「テロルの決算」、ところがこの本の直後に出版されたのは「一瞬の夏」(つまり大宅賞受賞後の第1作)でした。「一瞬の夏」も名作には違いないのですがかなり違う作風・・・・・。むしろこの「危機の宰相」がそうあるべきではなかったのかと。この本の刊行は2006年ですが、初出は文藝春秋に1977年に掲載された文章。したがって「テロルの決算」の時代と同時期に書かれた文章であるが故に、私は旧友と再会したような思いがありました。うれしかった反面なぜもっと早くこの作品を世に出さなかったのかという気持ちが強くありました。

     その答えは「あとがき」の中にありました。本文を引用しますと、
    次から次へと興味深い現実が目の前に現れ、それに惹かれて反応していくことでますます「危機の宰相」は遠くなっていってしまった。それはまた、「書くこと」より「生きること」を優先したための結果でもあった

    と沢木氏は書いています。

     そしてもう1点、
    池田と下村と田村という三人の関わりについても、いかにも自分が発見したというような筆致でかかれた著作が現れるに至り、わざわざ私が本を出すまでもあるまいという気分になってきた

    とも書いています。

     このようなことから沢木氏の作風はあるときを境に大きくかわることになったのでした。とくに「書くことよりも生きることを優先した」というところはかなりショックでした。
     しか沢木はもともと「危機の宰相」、「テロルの決算」は三部作でもう一作書く予定があったと書いています。その作品の名前は「未完の六月」。この作品も同じ理由で作品にはなっていないそうで、ついに未完のまま終わるのを受け入れているとしています。

     しかし私はそうは思いたくありません。一度進んだ道を引き返して骨太な「未完の六月」を完成させてもらいたい、そう願っています。


    | 書評 | 14:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE
    + OTHERS
    このページの先頭へ